龍谷大学キャンパス情報A 龍谷大学偏差値Q&A

スポンサードリンク

龍谷大学キャンパス情報A

龍谷大学の本部・文学部・経済・経営・法がある深草学舎は、鮮やかな赤レンガタイルに統一されていて、それはそれは美しい。

中にはの大ホールは顕真館がそびえたち、正面の壁には日本最大級の大きさである平山郁夫画伯の「祇園精舎」の陶板画が描かれている。

キャンパスを出て、道路を挟んで体育館と学友会館があり、2つのサークル棟がある。名前は紫朋館と紫陽館とう名前だ。

サークルは活発な印象。駅からアクセスがよく、こじんまりとしているため、学生の密着度が高い感じがする。余談だが、オープンキャンパスに来る生徒にはこの楽しそうな雰囲気が一番重要。

文学部3年、4年の大宮キャンパスはなんと京都駅から歩いていくことができる。西本願寺の境内とも言うべき隣接地にあり、国の重要文化財に指定されている建物もあるとか。

瀬田キャンパスはJR瀬田駅からバスで10分。例の新幹線駅設置問題でゆれた瀬田キャンパスである。滋賀医科大学なども近くにある。
posted by 龍谷大学受験偏差値研究会 at 16:47 | 日記

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。